転職で年収を80万円UPさせた方法

女の職場(人間関係) 先輩から好かれる方法は自然体になるのが一番

この人は本当に先輩に気に入られているな〜という人はいませんか?

私もそういう人になれれば、もう少し働きやすくなるのになと思ったりしますよね。

先輩に気に入られれば、仕事もスムーズにいくし、ストレスも少なくなるのは間違いありません。

特に女性ばかりの職場ではなおさら、先輩に好かれて、損なことは一つもないのではないでしょうか。

この記事では「この子は良い子だな!」と女の先輩に思ってもらえるような後輩の特徴を紹介します。

本文を読めば、間違いなく先輩から認められ、好かれる後輩になることができますよ!

▶︎女の職場では共感力を身につけよう

自然体が一番の近道

先輩や周囲の同僚に好かれるには、いろんな方法がありますが、実際には自然体が一番の近道です。

どうして自然体が良いのでしょうか?

まず何らかの目的を持って接してくる人を、心から信頼するのって難しいですよね。

また、好かれよう好かれようとする人は、何か不自然な行動に出たりもします。

変な媚を売ったり、ご機嫌を伺ったりするのは、短期的には効果があるかもしれませんが長期的にはマイナスです。

では、自然体にはどうやったらなれるのでしょうか?

一つは相手に過度に期待しないこと、そして見返りを求めないことです。

逆説的なようですが、見返りを求めない方が、周囲の人からは好かれます。

そして次に周囲のアドバイスは素直に聞き、取り入れられるところは取り入れましょう。

まだまだ色んな方法があるとは思いますが、ここに書いたことだけでもかなり自然体に近づくと思いますよ。

先輩が間違っていても許す

先輩から言われた通りにやったのに、先輩の指導が実は間違っており、仕事でミスをしてしまった・・・

先輩はというと「あれ、言わなかったっけ?」というような態度でミスを私のせいにしている。

ただここで「先輩は、教えてくれなかった」と言ったり、責任を先輩に押し付けたりするのは得策ではありません。

もしかすると「本当に先輩が悪い」のかもしれませんが、先輩を責めても状況は改善しません。

むしろここは先輩や(他の周囲に人から)一目置かれるチャンスだと捉えて、先輩を責めずに「私の確認不足でした」と言ってみましょう。

あなたの態度を評価してくれる人は絶対にいます。

もしも、先輩が度を超えて何度もミスをなすりつけてくるようであれば、「先輩は」の主語を封印して「私は」に変えてコミュニケーションしてみましょう。

例えば「私は、こう思ってやってみました」とか「私は、先輩にここをもっと教えて欲しい」などです。

ここまでできれば100点。あなたの好感度はうなぎのぼりです。

気配り上手になる

同じ映画をみているのに、ストーリーの伏線に気づく人と、全く気づかない人がいますよね。

要するに物事にピンとくる人とそうでない人がいるということなのですが、前者の人の方が確かに職場では好かれる傾向にあるように思います。

もしあなたが重い荷物を持っていたところに「先輩、持ちますよ」と後輩が駆け寄ってきたら、とても良い気分じゃないですか?

「私はそんな風にはなれない・・・」と思うかもしれませんが、大丈夫です。

気配り上手な人というのは、生まれ持っての才能や性格でそうしているわけではありません。

気配り上手というのは要するに何かを見た時に「自分には何ができるか」を意識できるかの習慣の違いです。

「私は気が利かないな…」と思う人も、習慣を変えれば気配りする力は上がります。

すぐには思いつかないかもしれませんが、まずは職場の先輩を観察するところから始めてみましょう。

そして「自分になにかできることはないか?」と想像してみましょう。

きっと、最初は思いつかないし行動もできないと思いますが、まず大事なのは習慣化です。

やがて習慣化で考えたことと、行動するタイミングが一致する日がやってきますよ。

先輩から好かれる方法のまとめ

今回は、先輩から好かれる方法を3つ紹介しました。

いずれもちょっとした心がけで明日から取り入れることができるものだと思います。

・自然体になって周囲に過度に期待しない

・先輩のミスも許して器の大きな後輩に

・観察からの「気配り」を意識する

ぜひ職場で先輩から愛されて、働きやすい環境を手に入れて見てくださいね!

▶︎女の嫉妬をコントロールしよう