転職で年収を80万円UPさせた方法

女の職場(人間関係) 職場の人間関係でのストレスを減らす方法

女の多い職場って、どうしてあんなにストレスが多いんだろう。仕事行きたくねぇ・・・

私も嫉妬深い人や攻撃的な人が多い
女ばかりの職場にいたことがあるので、
この悩みとても良くわかります。

ただ実はちょっとした日々の言動を
気をつけるだけで、職場でのストレスは
減らすことができます。

もし女性ばかりの職場で日々心労が
絶えないと言う人は、本文を読んで
ストレスを減らすヒントにしてみて下さい。

▶︎【参考】女の職場で先輩から好かれる方法

グループに所属しない

グループに所属しないのは
ストレスを軽減する最高の方法です。

グループに入らない最大のメリットは
「誰の顔色も伺わなくて良い」という点。

グループに入っていると何かと
相手に行動を合わせる必要がありますし
グループのリーダーに顔色を
伺ったりする必要がでてきますが、
それが0になるメリットは計り知れません。

「でもお昼を一人で食べるのは・・・」

という人は、昼食を取らなければいいんです。

朝しっかり食べて行き、
昼食は自分で持っていった
おにぎりを食べたりすれば
意外とお昼っていらないですよ。

そういうことをしていると
「あの人は昼食を取らない人」
ということで周りが勝手に認知
してくれますし経済的にも合理的です。

▶︎職場でいじめを目撃した時の対処方法

自己開示は最小限にする

自己開示をしすぎる女も、
人間関係でストレスを抱えやすいです。

自己開示自体はいいのですが、
自己開示の結果、不要な嫉妬をされたり
噂を流されたりすることがマイナスです。

最初は
「◯◯さんと△△さんは仲が良い」
「◯◯さんは実家が金持ちらしい」
と言うだけの話だったのがいつの間にか

「◯◯さんと△△さんは不倫している」
「◯◯さんは仕事に身が入ってない」
などの話にすり替わり、
不要なストレスを抱えたりすることは
よくある話です。

そしてこのように一部の情報から
歪んだ理解をしてしまう女性は
あなたに嫉妬していることが多いです。

そして、嫉妬を招くのはおおかた
不要な自己開示であったりします。

女性はおしゃべりが大好きなので、
ついつい職場でもプライベートの話を
喋ってしまいがちですが

喋り過ぎということは
女の職場でストレスを減らすことに関して、
マイナスはあってもプラスにはなりえません。

職場では自己開示は
最小限にして仕事に集中するのが一番です。

▶︎【参考】女性の嫉妬と自己開示について

人は人、自分は自分

人間関係で悩みを抱えている人は、
人がやっていることがとにかく
気になる人が多いと思います。

まずはそれをやめましょう。

人がしていることを気にしない。

自分の仕事にフォーカスする。

あなたは人を変えようと
必死に頑張っていませんか?

もしそうだとすれば
それば絶対に成就しません。

人は変えられないんです。

言ってしまえば
これは割り切りということなんですが、
自分と相手は違うんだということを
受け入れましょう。

その上で、あなたが
相手に対してどういうカードを
切っていくかはあなたがコントロールできます。

あなたのカードの色を良く見ること、
あなたがカードを切るタイミングを変えること

これだけが人間関係でストレスを減らす
遠回りのようで一番近い道です。

悪口は聞き流せ

人の悪口ばかり言っている人が
嫌われるのは当たり前ですが、
女ばかりの職場だと意外と忘れてしまうもの。

というのは、怖い先輩やおばさんたちを
影でコソコソ言うのって楽しいんですよ。

「あんな態度だから旦那に飽きられる」
「ヒステリックっだから彼氏もいない」

こういう話をうちわで言い合うのって
ちょっと気持ちが良いじゃないですか。

しかも職場によっては、
こういう悪口が挨拶になっていたり
もしますよね。

私は「悪口は返ってくるよ」のような
「言霊(コトダマ)」は信じていません。

しかし、悪口を言うことで発生する
自己暗示は恐ろしいと思っています。

自己暗示とは
「私は◯◯な人とは
コミュニケーションできない」
という暗示です。

人の悪口ばかり言っている人は、
コミュニケーションの回路が
どんどん閉じていきます。

人と和解しよう、話し合おう、理解し合おう、
という回路が狭まってくると
将来出会う人との人間関係でも
より良い方向へ持っていく力が弱くなり
結果的に抱えるストレスも大きくなります。

そういう意味でも
「悪口は聞き流す」ということを推奨します。

自分のいる場所を変えてみる

どうしても今の職場での
人間関係に耐えられないと思ったら

転職も視野に入れて
活動してみるのも一つの選択肢です。

「転職は若いほうが良い」
と言われていますが、
それは失敗できる回数が多いからです。

何も行動しないと
時間ばかりが経って、
転職の失敗リスクも増大します。

もし迷っているなら、
転職エージェント相談してみるだけでも、
自分の市場価値を知る機会になると思います。

私が転職相談をして感じた
一番のメリットは
「私には選択肢がある」と思えたことです。

「選択肢がある」と思えると
仕事の取り組み方や
コミュニケーション仕方にも
余裕が生まれます。

自分を客観的に見つめ直すというのは、
遠回りのようですが
人間関係の改善に有効な手段です。