転職で年収を80万円UPさせた方法

女の職場(人間関係) 機嫌にムラがある女性の心理とは?対処方法は腹決めと割り切り

若手社員「先輩、なんであんなに機嫌にムラがあるんだろう・・・今日も不機嫌だったら嫌だな・・・」

この記事では、こういった悩みに答えます。

**

機嫌に左右される人ってどこの職場にもいますよね・・・

私も以前は女性ばかりの職場で
機嫌にムラがある先輩と一緒に
仕事をしていたことがあるので、
その大変さはよく分かります。

もしあなたが女性ばかりの職場で
「機嫌にムラのある人」
に困っているのであれば本文の内容が
明日から平和に過ごすためのヒントになります。

\合わせて読みたい/
お局様からまた小言…こっそり仕返しする方法

機嫌にムラがある女性の心理

不機嫌に利益があると知っている

気分にムラがある女性というのは、
これまで人生で「不機嫌」という感情を使い
他人をコントロールしてきた
成功体験をたくさん持っています。

自分が不機嫌になることで
周りの人が動く、
自分がキレることで、
相手から譲歩を引き出すなど、
機嫌が上下することで
「メリット」を感じてきた人です。

もちろん本人に聞いても、
そんな自覚はないのですが
これは紛れも無い事実で
そういう成功体験を積むと
人はそれを繰り返すようになります。

また逆に言えば
ご機嫌でいることで
利益を得たことがない人
とも言えます。

例えば美人の女性は
明るく笑顔でいるだけで
周囲の人がほっとかないですよね。

美人はそうやって
常に上機嫌でいることには
目には見えない利益があることを
学習していきます。

その逆にニコニコしていても
何も良いことがなかったとか
明るく他人に接しても邪険にされたとか
そういう悲しい経験が多い女性は
「機嫌を損ねたほうがメリットが多い」
と感じてしまいがちです。

結果どんどん気分にムラのある人
になってしまうのです。

マイペースな男性脳

気分にムラがある人の中には
自分のペースを乱されるのが怖い
と感じている人もいます。

例えば何かの作業とか仕事に
取り組んでいるときに話しかけると
すごく機嫌が悪い人っていますよね。

そういう人は「自分の時間が
長時間奪われるのではないか?」
とか「今日やるべきことを
終われないのではないか?」など
色んな不安を抱いてしまう傾向にあります。

一般的に女性は
マルチタスクの脳なので
何か一つのことをしながら
別のことも同時にできる
能力を持っています。

例えば歯磨きをしながらお皿を洗い
ラジオも聞くといったことが
苦もなくできる女性は多いです。

多くの女性にとっては
マルチタスクは当たり前なので
作業してても話しかけるのくらい
普通と思いますよね。
どうして機嫌を損ねるの?
と思うかもしれません。

しかし中には
シングルタスクの男性脳
複数のことを同時にするのは苦手
な女性も存在することが
近年分かってきました。

男性脳寄りの女性の方は
作業の中断に対して不安になったり
イライラしたりする傾向にあります。

他人に過度な期待をしている

お局様「あの子気が利かないわぁ」
なんてセリフを良く聞いたりしませんか?

機嫌にムラがある人というのは
他人に過度に期待しているために、
その期待通りに他人が動いてくれないと
急に不機嫌になったりします。

でも人の期待なんて
言ってくれないと基本的には
伝わりませんし分かりません。

期待されている方としては
相手が急に機嫌が悪くなった
ようにも見えますが、
それは相手が勝手に期待して
勝手に不機嫌になっているからです。

こちらとしては
何に期待されているのかなんて
最初から分かりません。
しかし機嫌にムラがある人の中では
その人なりの理由があったりします。

めんどくさいですが、
それも機嫌にムラのある人の特徴です。

みんな機嫌にはムラはある

今さらですが・・・
そもそも大体の人は機嫌にムラがある
ということは社会人なら
認識しておいたほうがいい事実です。

いつも穏やかで
聖人のような人が職場にいるはずはない
という前提でいきましょう。

もしあなたの職場に
機嫌にムラのない人がいたら
その人は珍しい貴重な存在です。

仕事のできる人だと思って
良好な関係を築けるように
最大限努力しましょう。

それにあなたにだって
機嫌の悪いときはありませんか?

仕事場では気配り上手な先輩も
彼氏や旦那さんの前では
気分屋な面があったりしますよね。

要するに、機嫌のムラなんてのは
誰しも多少は持っているものですが
それをどこでどういう風に出すか
という問題なんです。

機嫌にムラのある人は
あなたがプライベートで出している面を、
職場で出してしまっている
可能性もあります。

だからといってあなたが
その人に従う必要もないですよ。

機嫌にムラがある人に対する見方を
少し変えていきましょう。

生理前かも

機嫌にムラがある人は
単純に生理前か生理中
という可能性もあります。

あなたも女性なら分かる
と思うのですが生理前って
無性にイライラしますよね。

私も過去に
お付き合いしていた男性には
生理前はいつも多大な迷惑をかけました・・・笑

また生理中でも
人によっては悶絶するほど重い人から
何も痛みがない人まで
いろんなパターンがあると思います。

「先輩、今週は機嫌悪いなぁ」
と思ったら少し様子をみても良い
と思いますよ。

想像力に欠けている

他人の痛みが分からない人
想像力に欠ける人というのも
機嫌にムラがある人が多いです。

ただし想像力が欠ける人にも
良い人と悪い人がいます。

想像力は無いけど性格は良い人とは
対話でなんとかなる場合もあります。

例えば
「◯◯をと言われて悲しかった」とか
「◯◯という言葉に傷ついた」など
痛みを想像する手助けをしてあげると
一気に解決する場合もあります。

その一方で想像力が無く
性格も悪い人というのは
自己中心的な性格の人です。

このパターンの人の性格は
大人になって改善するのは難しいので
適切な距離をとるのが一番です。

機嫌にムラがある女性への対処方法

それではここから
機嫌にムラがある女性への
対処方法を紹介します。

不機嫌に乗らない

負の感情は
負の感情を呼び寄せます。

相手が不機嫌な態度で
接してきたとしても、
相手の態度に乗って
同じような態度をとるのは
悪いアクションです。

自らはあくまでもフラットに
丁寧に相手に接しましょう。

相手につられて
あなたも感情的になってしまうと
話し合いになりません。

相手の感情に流されているうちは
あなたも同じレベル
だということを知ってください。

人の感情によって
態度を変えない自分を
身につけましょう。

よく観察する

機嫌の悪そうな人には
極力関わらないというのも
古典的ですが有効な方法です。

君子危うきに近寄らずですね。

相手が作業に集中しており、
それを止めるとやばそうな時とか
中断すると不安になりそうなこと
をしている時などは、積極的には
話しかけないということです。

不機嫌の理由を考えない

たとえ先輩や上司が
不機嫌だったとしても
先輩や上司が不機嫌な理由を
考えるのはやめたほうがいいです。

なぜなら
「先輩はどうして不機嫌なんだろう?」
などと考えても時間の無駄だからです。

大人なら
自分の機嫌は自分でとる
のが基本だと私は思います。

ですのであなたが理由を
アレコレ探らなくてもOKですし
想像しなくても本来はOKなのです。

確かにあなたが相手の機嫌を
損ねたのかもしれませんが、
それなら社会人として
きちんと伝えてくるべきです。

その努力を怠っているのであれば
あなたが気にする必要は全くありません。

自分でコントロールできないことに
あれこれと頭を悩ますのはやめましょう。
あなたが心をすり減らすだけです。

割り切り

割り切りは
不機嫌な人と付き合う時に
もっとも大切な心構え
と言ってもいいかもしれません。

ただ相手の機嫌は相手の責任である
ということは覚えておいてください。

自分の機嫌をとるのは
あくまで自分自身です。それは
あなたの目の前にいる人も同じです。

あなたは先輩や同僚の
ご機嫌をとるために
仕事をしているわけではありません。

もちろん仕事で成果を出すために
先輩や同僚とも適度に
コミュニケーションする必要がありますが
過度に同僚のご機嫌を伺う必要はありません。

「あ、機嫌悪いなこの人」
と思っても割り切って
あっけらかんと仕事をすればいいのです。

腹決め

割り切りの反対の言葉を
知っていますか?
それは腹技め(はらぎめ)です。

割り切りというのが守りの戦略で
即効性があるのに対して
腹決めはイバラの道です。

しかし
もし上手くいけば
かなり働く環境は改善されます。

何をするかというと
機嫌にムラがある相手と飲みに言ったり、
積極的に話しかけて、
信頼関係を構築する努力を
してみるという作戦です。

これは少しハードルが高いですし
徒労に終わる可能性もありますが
気力や体力に余裕があるなら
やってみる価値はあります。

ぜひ一度腹を決めて
相手とコミュニケーション
してみてください。

気分屋の女性ばかり…もう無理だと思ったら

機嫌にムラのある女ばかりの職場はもうウンザリ!
私はもっと素敵な先輩や上司と一緒に働きたい!

と思ったら
あくまで一つの選択肢ですが
転職も視野に入れて活動しましょう。

転職自体は別にしなくてもいいのです。
問題は何も行動せずに時間ばかりが経ち
自分の市場価値を知れずにいることです。

「転職は早いほうが良い」
と言われていますが、
それは失敗できる回数が多いから
というのもあります。

転職エージェント相談してみるのは
自分の市場価値を知れるいい機会に
なりますので積極的に活用すべきです。

活動の結果として
「このままだと、どこにも転職できない」
と思ったら、明日からの仕事の進め方を
少しずつ変えていけばいいのです。

「この人たちとずっと一緒に働くの?」
と思うと不安ですが、活動するだけでも
その不安を抑えることができます。

それに「私はいつでも転職できる」
と思えれば、気分屋の女性との
コミュニケーションにも余裕ができます。

選択肢を増やし
精神的にも余裕のある状態を
目指しましょう。