転職で年収を80万円UPさせた方法

女の職場(いじめ) 職場で孤立してしまった人は価値創造できているかを考えよう

職場で孤立してしまったわ。オワタ・・・

こんな悩みにお答えします。

私は孤立に関してはかなり肯定的です。

むしろ人は人生において一度は
孤立すべきとすら思っています。

なぜなら孤立とは人が
成長するために必要なプロセスだからです。

毎夜毎夜同僚と飲みに行ったり
職場の仲良しクラブでつるんでも
成長の機会は乏しいです。

しかし孤立したことをきっかけに
一人の時間が増えると
努力の積み重ねが起きます。

努力の積み重ねは
必ずあとで成長として返ってきます。

よって私は職場での孤立も
使い方次第だと思っています。

【参考】職場で孤立しても媚を売るな

職場での孤立の問題点

孤立は成長の母ですが
職場で孤立していると
いくつか問題があるのも確かです。

具体的には
価値創造の阻害要因
になってしまうことが問題です。

価値創造とは、
例えば、見にくかった資料の数字を
見やすくして営業担当が
お客さんに説明しやすいようにするとか

毎日、患者さんと対話することで
患者さんの変化を読み取って
命や健康を守るとか

お客さんにピッタリのヘアスタイルを
提案してカットしたりとか、
何か人の役に立つ価値全般です。

あなたが正社員であろうが
派遣社員であろうが
どのような立場にいようと
仕事をしに職場に行っているのであれば

仕事場では何らかの
価値の創造を期待されているはずです。

しかし、職場での孤立は
あなたが本来創造するはずの
価値を減らします。

例えば、
ある特定の人と会話できないこと
によって今日終わるはずの
仕事が終わらない。

プライドが傷つくので
専門分野以外のことも
独りで考えてしまい
内容の薄い資料ができあがる。

情報の共有が
きちんとなされないのでミスが起き
理不尽なことで叱責される。

このような価値創造に弊害のある
職場の孤立には、確かに弊害がある
と言わざるを得ません。

職場で孤立する人の特徴

どうして人は職場で孤立するのか
いくつか原因を考えてみます。

期待値のコントロールが下手

身もふたも無いですが
仕事ができない人は職場で孤立します。

では仕事ができないとは何でしょうか?

仕事ができない人を
もう少し噛み砕いて言うと

仕事における期待値のコントロールが下手
と言い換えることができます。

期待値のコントロールとは、
何をいつまでにやるかという
約束作り能力のことです。

例えば簡単な例をあげると、
上司に「これコピーして」と言われて
何も考えずに「はい」と言って
コピー機の前に行く人は
期待値のコントロールが下手です。

期待値のコントロールができる人は
「何部ですか?すぐに必要ですか?」
と聞き返して相手の真の要望を探ります。

クッソ忙しい時に先輩に頼まれごとをされたら
「今は無理」もしくは
「◯◯まで納期をの延ばさせて」
という交渉ができない人は
期待値のコントロールが下手です。

相手が何を期待しているかを聞き出し、
相手の要望と自分の限界を照らし合わせて
約束を取り交す、といった仕事の基本が
できない人は無能だと思われます。

期待値のコントールさえできれば
そんなに仕事が早くなくても、
たいていの同僚はあなたの仕事っぷりに
不満を言うことはないでしょう。

しかし期待値のコントロールが下手だと
あいつは簡単な頼みごとも出来ないとか
仕事が遅いとか言われて精神的な排除を
受ける可能性が高いです。

独占欲が強い

仕事はある程度できるし
人と連携もできるのですが、
なぜか最終的には職場で孤立する人がいます。

それは仕事を独占してしまう人です。

仕事を独占する人は
わざと仕事を複雑にしたり、
自分にしかできない状態にして
自分のテリトリーを作ろうとします。

これは「他人と連携して仕事をする」
という基本と逆をいく行動です。

そういう人は上司や経営者から
見ても扱いづらい人間ですし
同僚から見ても一緒に仕事を
したくありません。

扱いずらい人間というのは
排除される傾向にあり
小さな組織であればあるほど
その特徴は顕著です。

▶︎ポジティブさは最強の武器

価値を創造できているか

冒頭の主張に戻りますが、
私の意見としては孤立は
別にしてもいいと思っています。

孤立をすると自分ために
時間を使えるようになるからです。

ただし
「私、職場で孤立しているな」
と思ったらこれだけは一度
自分に質問してみましょう。

「私は今の仕事(職場)で
誰かの役に立つものを
生み出せているか?」

もし答えが完璧なYesでないにしろ
Yesに近い答えなら
あなたは職場での孤立を
そんなに深く考えることはありません。

孤立していても価値創造できているなら
(仕事である程度の成果を出している)
その孤立は無視してOKな範囲です。

誰かの役に立っていて
価値が創造できているならば
職場での孤立など無視していいのです。

でももし答えが完全にNoなら、
問題を先送りにすると
ひどいことになる可能性があります。

その職場に居続けると
何のスキルや経験も積めずに
時間ばかりが経ってしまう
可能性があります。

そっちのほうが、
孤立よりも何よりも
恐ろしいことです。

「今の仕事(職場)では
価値が創造できて居ない」

と思うなら、
すぐ自分のポジションを変える
準備を始めるべきでしょう。

【参考】女の職場で好かれるには

価値創造できない職場ならすぐに去るべき

もし人間関係が原因で
「価値創造できていない」
と思うなら、その職場は
腐っている可能性が高く、
あなたの人生をどんどん
悪い方向に誘導します。

しかも時間は有限なので
その職場にいることで益々
あなたの可能性は狭く
少なくなっていきます。

簡単に始められる解決の方法は
転職を経験したことのある
友人に相談してみることです。

友人は金銭と関係なく
心からあなたの相談に
乗ってくれるでしょう。

ただ注意したいのは
友人には友人の
転職経験しかないこと、
友人の持っている
スキルや経験は
あなたの持っているものとは
全然違うことを認識しておきましょう。

そのあたりを考慮して
色んな転職経験者を見てきた
プロの転職エージェントにも
相談してみることをおすすめします。

相談は実質無料なので、
色んなところに
相談してみると良いでしょう。