転職で年収を80万円UPさせた方法

女の職場(人間関係) 新社会人・新人が仕事に行きたくないと思ったときの対処方法

仕事に行きたくない理由は大きく分けて3つあると思います。

  1. 人間関係での悩み
  2. 仕事が忙しすぎて過労気味
  3. 自分のやりたいことではない

2と3の悩みについてはこの記事では扱いません。

なぜなら2と3については「異動や転職」などしか手は無く、すでにある程度の答えが出ています。

もしあなたが1の「人間関係の悩み」が原因で仕事に行きたくないと思っている新社会人・新人であれば本分の内容が役に立つと思います。

自分インタビューで問題の原因を探る

「仕事に行きたくない」と思い始めたら自分にインタビューしてみましょう。

具体的には「私は何を避けたがっているのか?」「仕事で何が嫌なのか?」を問いかけてみることです。

この方法のメリットは感情を客観視することで破滅を防ぐということです。

早いうちに自分の心の問題を真剣に考えるのは、あなたの心を守る上で重要なことです。

それによってどのようなアクションが必要なのかも変わります。

答えがすぐに分からなくても大丈夫。まずは自分を客観的に見つめ直し考え始めることが重要だからです。

危険なのは自分のことが客観視できなくなり、精神的にも肉体的にも疲れて「ある朝突然仕事に行けなくなる」というパターン。

漠然と心にモヤモヤを抱えたまま仕事を続けると、あとタイミングで糸が切れた人形のように動かなくなることがあります。

そうなると思考する力が落ち、対処が一気に難しくなるため、ぜひ少しでも「仕事に行きたくないなー」と思ったら自分にインタビューして自分の感情を客観的に考えてみてください。

ツイッターで愚痴る

ツイッターというSNSがありますが、そこで匿名のアカウントを作り愚痴ってみて下さい。

自分の感情を何か別のものへ切り離し、客観視することで癒しの効果を得るのが目的です。

ツイッターの愚痴はたまたま目にした赤の他人にとってはあまり好ましくないものですが、感情を自分から少し切り離し客観視することで癒されるという効果に関しては一定の効果があると思います。

こんなことして何の意味があるの?と思うかもしれませんが、とにかく自分の感情を切り離して客観視することに意味があります。

アカウントは非公開をおすすめします。理由は公開アカウントにすると外部から良い刺激も悪い刺激もどちらもやってきますので、その刺激によって逆に心を壊してしまう可能性があるからです。

私がツイッターを推奨する理由は、新社会人ならだいたいみんなスマホを持っているからです。

スマホなら手軽に簡単に呟けるというだけなので、紙の日記のほうが良いという人は日記でもOKです。

期限を決めてやってみる

嫌だな・・・と思ったことでも期限があると意外に頑張れるものです。

例えば学校の期末テストとか、受験の勉強も期限があるから頑張れましたよね。

人間はゴールがあることに対しては意外と馬力を発揮するものです。

逆に「これが永遠に続くの?」と思うと辛いという感情しか沸きません。

もしあなたが「人間関係で悩んでいるが職場での仕事では成長を実感している」というのであれば、とりあえず3ヶ月くらい頑張ってみるのは如何でしょうか。

3ヶ月くらいなら行動が遅れて転職できないなんてこともありませんし、場合によっては状況が改善することもあります。(上司が変わるとか仕事に慣れるとか)

「仕事行きたくない」と思ったら自分で期限を設定して取り組んでみましょう。

とりあえず〇〇メソッド

「あー仕事に行きたくない」このくらいの想いは誰しも抱くものですし、私も何度も想ったことがあります。

悩みが軽度の場合には「とりあえず化粧しよう」とか「とりあえず朝食を食べよう」など、深く考えずにできることから始めてみるのが良いでしょう。

あまり深刻にならずに「とりあえず会社に行くか」でもいいんです。

例えば試験勉強って始めるまでが億劫じゃなかったですか?

でもとりあえず机に座って問題を解きだすと「あれ?なんであんなに嫌だったんだろ?」みたいなことがありませんでしたか?

「とりあえず、とりあえず」はけっこう大事な考え方です。

「石の上にも三年」は古い

「石の上にも三年」辛いことでも耐えてやってみると良いということわざです。

上の世代の人はこれをよく言います。例えばあなたの両親がそうではありませんか?

確かにこの言葉の重要性も理解できますが、現代社会においては少し時代遅れなことわざです。

何が時代遅れかというと、3年というのが我慢するには長すぎる時間設定なのです。

3年も我慢が必要な職場にいると体を壊すか、心を壊すか、転職する機会を逃すか、いづれにせよ長すぎる我慢の時間があなたにデメリットをもたらします。

よって「仕事が辛い」「仕事に行きたくない」と想ったら我慢しても3ヶ月くらいで問題ありません。

「我慢の限界だ!」と感じたら早めに見切りをつけて自分にあった仕事や職場を探しましょう。

現代の日本は転職のために無料で使えるツールも充実しています。

耐えて状況が変わることしか選択肢が無かった時代よりも圧倒的に恵まれた環境をフル活用していきましょう。