転職で年収を80万円UPさせた方法

女の職場(いじめ) 孤立したり嫌がらせをされ苦しいならすぐに退職するべき理由

本文の内容

・退職すべき3つの理由

・退職で得られる3つのメリット

ストレスには良いものと悪いものがあります。

確かに職場など複数の人間が集まる場所では
ある程度のストレスは避けられないものです。

適度なストレスの強さと頻度であれば
それは刺激となり、あなたの人生を
豊かにしてくれるときもあります。しかし

・職場で故意に無視をされている

・物がなくなったり嫌がらせをされる

・どう考えても過剰な業務を丸投げ

など負のストレスを毎日大量に受けている
のであれば話は別で、あなたはすぐにでも
退職を検討するべきでしょう。

関連記事
▶︎孤立したら逃げてもいい!

退職すべき3つの理由

パニック障害やうつ病の原因に

職場で嫌がらせをされたり
孤立して苦しいという場合に
すぐに退職を検討すべき理由は
精神疾患を起こす可能性があるためです。

精神疾患とは
「不安で眠れない」
「イライラする」
「頭痛」「吐き気」
という軽めのストレス反応から

「突然理由なく発作が起こる」
というパニック障害、
「何をする気も起きない」
といううつ病など症状は様々です。

一貫して言えるのは
一度精神疾患になってしまうと
あなたの大切な家族や友人に
大きな負担がかかってしまうこと。

また一度精神疾患を発症してしまうと
もとに戻るのに相応の時間がかかり
あなたが本来掴めたはずの様々な
可能性を破壊してしまいます。

精神疾患は患ってしまわないように
全力をかけて避けるべきものと言えます。

自己肯定感の喪失

いじめや嫌がらせというのは
自己肯定感にも大きく影響します。

「自分はだめな人間なんじゃないか」

「みんなに嫌われてしまうのではないか」

など、嫌がらせが去ったあとにも
心をじわじわと蝕みます。

すると「どうせ自分なんかには無理」と
何かに新しくチャレンジする気持ちが萎えたり
卑屈な性格になり愚痴っぽくなったりして
いつのまにか周囲から本当に
避けられるような人間になってしまいます。

職場だけならまだしも
大切な友人や家族にも影響するのが
自己肯定感の喪失の悪いところ。

自己肯定感は他人が守ってくれるような
ものでもありませんので自分で積極的に
守っていかなければなりません。

キャリア形成にマイナス

嫌がらせやパワハラが横行している職場での
キャリア形成やスキルの習得は難しいでしょう。

そもそも仕事で成果を出そうと切磋琢磨
している人間が集まっている職場では
いじめや嫌がらせが起こったりしません。

いじめや嫌がらせが横行している職場は
そもそも暇な人が多いのです。

そんな職場でスキルや経験がみにつくとは
到底思えません。

嫌がらせやいじめのある職場で働き続けるのは
あなたのキャリアにデメリットしかありません。

退職する3つのメリット

あれこれ悩む時間がなくなる

嫌がらせやいじめで
あれこれ悩んでいる時間は
人生で最も無駄な時間と言っても
いいのではないでしょうか。

自分でコントロールできないことを
あれこれ悩んでも意味がありません。

本来仕事以外の時間は
リフレッシュしたり趣味の時間に使ったり、
家族や恋人と一緒に過ごすためにあるはず。

嫌がらせやいじめで悩んでいる人は
そういった自分の余暇時間でさえも
あれこれ悩むことで奪われていることに
気がつくべきです。

人生で一番大切なのは時間です。

時間があればお金を稼ぐことも
心身を癒やすこともできます。

退職してあれこれ悩んでいた時間を
本来の自分の時間として取り戻すのは
貴重な資産を手に入れたのと同じ
ということです。

人間関係を一から作れる

もしあなたが職場ですでに孤立している
嫌がらせに合っているのであれば
その職場のレベルはそもそも低く
人間関係を修復するのは難しいかもしれません。

当サイトでもコミュニケーションの方法論を
お伝えしていますが、お猿さんを相手にして
コミュニケーション術など無意味なように
そもそも話が通じない相手とは会話をすることも
コミュニケーションを取ることも難しいのです。

一度壊れた人間関係をもとに戻すのも
それと同じような難しさがあると思います。
しかし環境を変えて一から取り組むのは
壊れたものを直すよりはまだ簡単です。

新しい人間関係というのは
退職して環境を変えるメリットの一つ
と言えるでしょう。

キャリアにとってプラスになる

ダメな職場を退職することのメリットは
新しいキャリアを作るチャンスだということ。

いじめや嫌がらせが横行しているような職場で
キャリア形成や自己成長など不可能という話は
先にも説明しました。

確かに仕事をやめるのは怖いかもしれませんが
実は一番恐ろしいのは別の見えない部分です。

それはスキルも経験もなく年だけはとってしまい
ブラックな職場ブラックな同僚と一緒にいるしか
選択肢が無い状態のことです。

こうなってしまうともうお手上げです。

嫌がらせをしているような職場や同僚は
早々に見切りをつけて次のキャリアの扉を
開くべきなんです。

従業員を精神的に追い詰める会社を退職するのは
全くマイナスのことではありません。

むしろ次の扉を開くために必要な時間や
休息をもたらすものです。

退職は不安だか快適な職場は最高

基本的に不安の種は「お金」ではないでしょうか?

今の職場を辞めて本当に生活できるのか・・・

仕事が見つからなかったらどうしよう・・・

そういう方は働きながら
次の職場を探すのが最善の策です。

忙しすぎて時間が無いかもしれませんが、
少しの間だけ我慢して1日15分だけでも
時間を捻出しましょう。

また職場での人間関係の悩みで疲弊して
精神的に余裕の無い状態の人は
独り考え込んでいてもラチがあきませんので
絶対にプロに相談するのをおすすめします。

エージェントに登録して相談しても
お金は一切かかりませんし
勧誘も「必要ない」と言えば止みます。
私には合ってないと思えば
使うのをやめればいいだけです。

実際にブラックな職場から転職して
働きやすい職場を手に入れた私が思うのは

「どうしてもっと早く行動しなかったんだろう?」

「同じ業界なのにこの違いはなんだ!?」

「人間関係が良好な職場ってこんなに快適なんだ」

「仕事ってわくわくするものなんだ!」

ということです。今の職場でのあなたが
あなたの可能性のすべてでは無いんだ、
ということが少しでも伝われば幸いです。