転職で年収を80万円UPさせた方法

女の職場(人間関係) 人にイライラ…そんな自分が嫌い?自己嫌悪を避け自分を好きになる方法

社会に出ると色んな性格の人や
年代の人と付き合っていくため
嫌いな人も出てくるでしょう。

女の職場でどうしてもあの人が許せない、
でもあの人を嫌いになる自分はもっと許せない、
あの人のことは大嫌いだけど、
そんな風に考える自分にも自己嫌悪…

もしかすると、そんな風に悩んでいる人も
多いのではと思います。ではどうすれば
人を嫌いにならずに済むのでしょうか?

結論を先に言います。

人は嫌いになってもいいんです。

関連記事
▶︎人によって態度を変える女の心理

人を嫌いになるのが許せない人が一番怖い

私の周囲の人間観察からですけども

人を嫌いなってはいけない・・・
人を嫌いなってはいけない・・・

と自分を許せない人の方が、
人を病的に嫌いになる傾向にあります。

どうしてかというと

嫌いになってはいけないと
思っている私ですら嫌いになる
だから
あの人はそうとう人として
悪いヤツに違いない!!

というロジックが適用できてしまうからです。

人を嫌いになってはいけない教の人
というのは、ひとたび人を嫌いになると
病的な嫌がらせをしたり
実害のある行動にでます。

普段から人を嫌いにならないように
気をつけている私ですら許せないのだから
あの人は悪い人に違いない!そうだ!
と口にしていなくても無意識に
頭が働いているのです。

こういう人は被害者意識がとても強く
自分が相手に嫌がらせをしているにも関わらず
自分は絶対に悪くないと思っています。

矛盾しているようですが
人を嫌いになることに自己嫌悪を感じる人は
もう少し自分を許してあげましょう。

人は嫌いになってもいい理由

人は嫌いになってもいいし
あなたは嫌われてもいいんです。

そのように思っている人は
自分も他人を許せる人です。

他人も自分も許せれば、
好き嫌いではなく相性によって
人間関係を見ることができます。

・相性が悪いから少し距離をおこう

・相性が悪いからぶつからないように相手に喋らせてあげよう

こんなふうに「あ、嫌いだわ」と思ったら
まずはそれを受け入れる、そして相性として
適切な距離感を調整するだけでいいのです。

他人は嫌いになってもいいんです。
なぜならそれはお互い様だからです。

自分だって誰かに嫌われるかもしれない。
だから自分だって(なるべく避けたいけど)
他人を嫌ってもいいのです。

そして嫌いな相手とも何とか上手く
やっていくために世の中には
「礼儀」が存在しているわけです。

最低限の挨拶や敬語を使って
嫌いな相手とも上手くやっていくのが
大人の社会人です。

どう感じるかは変えられませんが
どう対処するかは変えることができます。

自分の感情を許してあげて下さい。
そして自分を好きになってあげてください。

どうしても自己嫌悪に勝てないなら

人を嫌いになってもいいと書きましたが
どうしてもコミュニケーションが取れない人が
職場にいるという方もいるでしょう。

こちらがどんなに「礼儀」を尽くして接しても
人の心に土足で上がり込んでくるような人ばかり
の職場は腐っていますので、今すぐ逃げるべき
ということも念のため付け加えておきます。

これも結局は「自分も他人も許す」
ということに繋がるのですが、
職場や仕事ではあまりネガティブな我慢は
しないほうが良いと私は思います。

あなたの心や体の健康は
あなたしか守ってくれないのです。

もしも「この人(職場)はやばいのでは?」
と感じたら自分の直感を信じて社内の異動などを
上司に相談したり、自分で人事に確認しましょう。

いやそれでも逃げられない!
と思うなら転職も検討すべきだと思います。

関連記事
職場で孤立やいじめを感じたらすぐに逃げるべき理由