転職で年収を80万円UPさせた方法

女の職場(人間関係)|女性が嫉妬する女の特徴は自己開示のしすぎ!

女性ばかりの職場で働いている方に質問です。

  • 質問1)嫉妬したことはありますか?
  • 質問2)嫉妬されたことはありますか?

多くの人は「嫉妬したことがある?」にはYesとは答えません。

しかし「嫉妬されたことがある?」にはYesと答えてくれます。

これは、一つの重要な事実を示しています。

それは「嫉妬したことはみんな忘れている」ということ。

嫉妬して人に迷惑をかけたことは大かた忘れていて、嫉妬されて被害者になったことを人はよくよく覚えているものです。

ですので、嫉妬されてもそんなに気にする必要はありませんが、女性の職場で働くなら、どういうことに女は嫉妬するのかを抑えておいて損はないでしょう。

本文を読めば、嫉妬する女性の特徴とその対策を理解することができます。

合わせて読みたい
女の職場(人間関係)|嫉妬してしまう自分に自己嫌悪?嫉妬心を手放して自由に生きる方法

男性からモテる人

モテる女はまず間違いなく嫉妬されます。

どうしてモテる女が嫉妬されるのか考えたことはありますか?

みんななんとなく嫉妬して、なんとなくその現象を理解していますが、なぜ男性にモテる女性は嫉妬されるのか?

それはズバリ、モテる女の存在は自分の遺伝子を後世に残せる可能性を脅かしているからです。

女性は「モテる女」が多くの男性を引き付け、より良い遺伝子を残すということを無意識に分かっています。

モテない女性は自分が選べる男性が相対的に減るため、優秀な子供(遺伝子)を残せる可能性が減少します。

これは人間も動物であり、子孫繁栄の欲望を持っていることから来る考え方です。

男性にモテる女が嫉妬され攻撃されるのは、非常に動物的な理由からくるのです。

合わせて読みたい職場でモテる女性の特徴!男性にモテると女性にモテるの違い

尻軽そうな人

男性とすぐにセックスする女性は、ものすごく女性の間で批判の対象になりますよね?

でもそれって、そもそも変だと思いませんか。

本来は誰が誰とセックスしようと、他人には別に関係のないことのはずです。

しかし同僚の女性を見ていると、他人のセックスに対してよく怒っていたりいます。(芸能人の不倫とかですね)

この現象の理由は基本的には先程の遺伝子を後世に残せる可能性の話と同じです。

女性は尻軽な女に対して、自らの子孫繁栄が脅かされていると感じるようにできています。

例えば、尻軽というのは女性を蔑視した言葉ですが、同じような言葉である「ヤリチン」には、尻軽ほど蔑視のニュアンスはありません。

どうしてか?

その理由は尻軽というのは女性が女性を批判するために作った言葉だからです。

女性はもし自分の彼氏や夫が尻軽で若くて可愛い女性に出会ったら、つまり性を武器にした女性に出会ったら基本的に成す術がありません。(もちろん彼や夫の倫理観は無視した理屈です)

なので大多数の女性にとって性を武器にする女は、自らの子孫繁栄を脅かす危険な存在になります。

それを嫉妬という形に変化させて尻軽な女性を攻撃する理由にしているんです。

他人のセックスに対してよく怒っていたりするのはそういう理屈です。

旦那や彼氏がハイスペック

旦那や彼氏がハイスペックの人も嫉妬されやすいので気をつけましょう。

女性は「女の幸せ」に異常なほど敏感です。

例えば女優の剛力彩芽さんはTVにも頻繁に出演する女優さんで、世間一般と比べれば仕事で大成功した女性です。

彼女が仕事での成功や女優としての成功で炎上したところは見たことがありません。

一方でZOZOの前澤社長と付き合っているという話では一気に炎上しました。

このことからも旦那や彼氏がハイスペックというのは嫉妬を巻き起こし攻撃的な人を助長します。

また旦那や彼氏というのは女性の顔面の美しさなどとは違って基本的には後天的に女性たちが手に入れたものです。

つまり嫉妬している人も可能性の問題としては手に入れることができたかもしれない人たちなんです。

それを手に入れたあの人と、手に入れてない私があからさまに見えたとき嫉妬は始まります。

高学歴

学歴の高さというのも嫉妬の対象になります。

嫉妬の根源とは、同質性です。

「わたしと近いけど私にはないものを持っている」と感じたときに女性の嫉妬は始まります。

ですので同じレベルだと思っていた人が実は有名な国立大学の出身だった・・・などは典型的な嫉妬の原因です。

もし企業が「東大生に優先して内定を出します」なんていうと「学歴で差別するな!平等に採用しろ!」と確実に炎上しますよね。

学歴という目に見える順位は、強烈に嫉妬心に火をつけるので注意が必要です。

クライアントからの評価が高い

お客さんからの評価がとても高い人というのも注意が必要です。

女性は周りの目や周囲からの評価をとても大事にしている生き物です。

化粧をするのも、常に外見が評価の目にさらされていることが分かっているからです。

よって、自分より評価されている人というのは基本は邪魔な存在です。

「あの人がいなければ私はもっと評価されるのに・・・」という些細なところから嫉妬は始まります。

上司に気に入られている

上司に気に入られている女性は嫉妬されやすいです。

女性はキャリアにおいて男性よりも様々な不安をかかえています。

例えば、仕事ばかりで結婚できないのではないか、子供を生んでも仕事を続けられるかどうか、昇進したいけど他のライフイベントと兼ね合いはどうする、など不安はつきません。

そんなときに上司に気に入られ上手く昇進し、結婚や出産もそつなくこなしている女性を見ると、ふつふつと嫉妬の感情が芽生えてくるものです。

他社から転職してきた女性も特に注意が必要です。

以前の職場がとても待遇が良かったので結婚も仕事も順風満帆だったとしても、絶対に自慢したりしないほうがいいですよ。

職場で良い人だと言われている

職場で「良い人」と評価されている人も注意しましょう。

特に注意すべきは同じような立場の女性からの嫉妬です。

女性は他人との比較に敏感な生き物なので、自分とそんなに変わらないと思っている人が自分の認識よりも評価されていると、大きな嫉妬の感情を抱きます。

また「良い人」は「下駄をはかせてもらっている」ことも多いです。

それは、見方によっては「不平等」「あの人ばっかり・・・ずるいな」という感情を呼び起こします。

重要なのは実際にずるいかの真偽ではなくそのように映ってしまっているかどうかです。

周りからの評価が高いというのは、他人の嫉妬心を溜め込むものでもあるんですね。

実家がお金持ち

実家がお金持ちという人も嫉妬の対象になりやすいです。

実家がお金持ちというのはある意味もうどうしようもないことです。

しかし女性は比較や噂が大好きなので、どうしようもない「差」は格好の嫉妬の燃料になります。

例えば会社の偉い人の親族が入社してきたりすると「コネ入社」とか言われたりしますよね。

実際にはコネとかではなく優秀な人であっても言われたりますが、その根底は嫉妬です。

「実家や親戚がお金持ちでずるい」「自分たちは苦労して入社したのにあの人はずるい」

もちろん半分は嫉妬している側の勝手な妄想ですが、実家や親族についてペラペラ公言するのは避けた方が無難です。

あなたを同じレベルだと思っている人

嫉妬というのは「自分もそうなれたかもしれないのになれなかったこと」が原因で起ったりします。

どういういうことかというと、自分に性質が近い人から嫉妬される、ということです。

例えばあなたは女優の桐谷美鈴さんや外国人女優のミランダ・カーに嫉妬の感情を抱いたりしますか?

ほとんどの人はしないですよね。

その理由は桐谷美鈴さんもミランダカーもあなたからはあまりに遠すぎて嫉妬の対象から外れているからです。

嫉妬というのは自分の近くにいる人で、自分にはないモノ・性質・容姿を持っている人に向けられます。

そういう意味で女性の多い職場での嫉妬は起きて当然の現象だともいえます。

同じ職場にいるという事実こそが、何よりも同じ世界の人であることを表しているように感じるからです。

【対策】自己開示は必要最低限にする!

上記で見てもらってわかる通り、嫉妬の原因は多岐に渡ります。

ただ実は嫉妬の根本的な原因は自己開示のしすぎ、見栄の張りすぎなので心がけ次第である程度は防げます。

例えば、実家の話なんて、基本的には仕事場でしなくていい話の代表です。

それでも周囲に実家がお金持ちだとバレている人は、絶対に自分から実家の話はしないこと。

またそういう話を振られても「両親の話はあんまり・・・すみません・・・」と言って静かにすればいいだけの話です。

本文で紹介した嫉妬される女性の特徴を踏まえて、自分がそういう話をしていないか、一度振り返ってみてください。

【対策】それでも若くて可愛い女はどうすればいいの?

ただし、どんなに気をつけても嫉妬される人というのはいます。

その場合、職場とあなたが合っていない可能性もあります。

実際私の友人は新卒であるメーカーに就職したんですが、職場にはおばさんが多く嫌がらせも多かったそう。

しかし同じような年代で価値観の合う職場を探して転職したところ、今はとても快適に働いています。

転職を無理に推奨しているわけではありませんが「職場が腐っている」というのは実際あり得ることです。

そういう場合には一度冷静に検討し、自分に合った職場を探すというのも一つの解決策です。

▼例えばウズキャリは新卒時代とは違う第二新卒の就活サポートに定評があります。
ウズキャリに登録してみる

▼同じ系列のウズウズカレッジは研修を受けさせてもらいながら転職活動もサポートしてくれます。
ウズウズカレッジに登録してみる

他にもサービスはいろいろとありますので当サイトでも順次紹介していきたいと思います。

快適な職場は実際にあります!まずは一歩踏み出すことが重要です。